ABOUT US

| 統計関連研究室について | 年間スケジュール | Joining Our Lab |

統計関連研究室について

2016-04-05 16.56.17

慶應義塾大学理工学部数理科学科統計関連研究室は、統計科学の理論と応用の様々な問題を扱う3つの研究室から構成されています。

各研究室のページは、こちらよりご確認ください。また、年間の活動スケジュール(予定)も下に記載しておりますので、ご参照ください。

年間スケジュール(参考)

年間スケジュールの基本的なものは、以下の学事日程のページより確認してください。

2015年度学事日程

研究室ゼミ

2016-04-05 16.56.17

研究室のゼミは、各研究室毎に実施方法が異なっていますので、詳しくは先生方にお尋ねください。また、ゼミの見学についても、先生にご連絡ください.

統計関連研究室のセミナー(水曜セミナー)

水曜セミナーとは、授業期間中、水曜日の2時間目に矢上キャンパス14-633A/B教室で行われるセミナーです。統計関連研究室に所属する、修士課程・博士課程の学生が原則、春学期1回、秋学期1回登壇し、自分の研究内容についてプレゼンテーションと、ディスカッション/質疑を行うことになっています(学部生も聴講できます)。また、水曜セミナーでは、2015年度よりゲストセッションも行います。慶應の内外から統計学の分野に関係する研究をされている方をお呼びし、知見を深めることも意識しています。

夏合宿

夏合宿は、毎年夏期休業中(8月/9月)に行われる3泊4日程度の合宿です。勉強内容を発表することもありますし、研究内容について発表することもあり、例年修士の2年生が企画に当たっています。毎年、企画内容は異なっていますが、2015年度は「Rでの関数の設計」と「データの解析」に特に焦点を当てて、開催しました。Rでの関数の設計では、一般化線形モデルのパッケージであるglmの出力を再現するプログラムの実装とその高速化に焦点を当てました。また、データの解析は定期預金の申込に関するデータセットを扱い、どのような顧客が契約可能性が高いのかなどをデータから読み解いたり、モデルを当てはめた解析を行ったりしました。

統計関連研究室に興味のある、みなさんへ

統計関連研究室では、意欲ある学部生、大学院生の皆様の参加をお待ちしています。

学部生のみなさんへ

統計学を学びたいという学部生の皆様は、数理科学科3年時の研究室選びにおいて、統計関連研究室に所属する研究室を志望してください(人数が多い場合には、話し合いがあります)。事前に先生方や、先輩の研究内容を聞いた上で、2年生・3年生に設置されている統計学に関連する授業を履修していることが望ましいです。研究室選びについては、例年10月頃から数理科学科のHP(http://www.math.keio.ac.jp/)に掲載されます。

私たちは、何よりも「純粋な統計学への興味」や「統計学を用いた現象の解明」などへのモチベーションを持っている人と一緒に研究したいと思っています。研究室やゼミへの見学も随時受け付けています。興味のある方は、直接先生方に連絡を取る、もしくは「お問い合わせ」のフォームからご連絡ください。

大学院入学・進学希望のみなさま

統計関連研究室では、「統計科学」について研究し、探求する学生を募集しております。入学・進学を希望されるかたは、慶應義塾大学の大学院入試情報のページ(http://grad.admissions.keio.ac.jp/)を参照してください。また、願書提出前に、統計関連研究室の教員に事前にコンタクトを取ることをお薦めします。(以下が,統計関連研究室の教員の連絡先です[ at ]を@に変えて送ってください).

・南美穂子:mminami[ at ]math.keio.ac.jp
・白石 博:shiraishi[ at ]math.keio.ac.jp
・林 賢一:hayashi[ at ]math.keio.ac.jp